下水汚泥でVOC除去【群馬産業技術センター】

2009年4月9日 9:00 AM

下水汚泥から作った吸着剤

 群馬産業技術センター(前橋市亀里町、坂口智之所長)はこのほど、下水汚泥を活用したVOC(揮発性有機化合物)吸着剤を開発した。下水汚泥を炭化した後、簡単な化学処理を施すことで、活性炭やシリカゲルなどの高性能吸着剤並みの比表面積が得られることを確認。今年度から熱交換器開発のSOGA(太田市東新町、曽我孝社長)と連携して実用化に向けた装置開発に乗り出すことにした。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る