装具で痛みが大幅改善

2010年11月23日 9:00 AM

軽量で上から服を着ても違和感がない

 群馬大学医学部保健学科理学療法学の渡邊秀臣教授(同学科学科長)と、義肢・装具・リハビリ機器製作のP.O.サポート(高崎市福島町、井ノ瀬秀行社長)が共同開発した変形性股関節症治療の装具「WISH」が成果を上げている。軽量で装着しやすく、

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る