金型設計の解析期間大幅に短縮【柴田合成】

2010年11月15日 12:00 PM

「遠隔CAE」を導入した甘楽町の本社工場

 プラスチック成形、金型設計・製作の柴田合成(甘楽郡甘楽町小幡、柴田洋社長)はこのほど、システム開発ベンチャーのイマジオム(茨城県日立市)が開発した「遠隔CAE技術」を導入した。これにより樹脂金型設計におけるプラスチック流動シミュレーション期間を最大で3分の1程度に短縮することが可能となり、

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る