次世代被膜レーザーはく離機開発【タイホープロダクト】

2010年2月11日 3:04 AM

色が薄くなっている部分がレーザーはく離を施した個所

 巻き線加工を軸に小型モーターやソレノイド、センサーなどの開発・製造を手掛けるタイホープロダクト(太田市大原町、大竹正社長)はこのほど、平角線コイル(エッジワイズコイル)など向けの被膜レーザーはく離機を開発した。同コイルは、丸線コイルに比べ、エネルギー効率が高いことから、今後の需要増が予想されるものの、通電部分となる被膜はく離は刃物による加工が中心で、電線が傷付きやすいなどの課題があった。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る