服薬管理と安否確認同時に【県立県民健康科学大学・岡部勝也講師】

2010年2月11日 2:53 AM

県民健康科学大で公開された薬箱ロボット

 県立県民健康科学大学(前橋市上沖町)診療放射線学部の岡部勝也講師は、県内外の2社と共同で「薬箱ロボット」を開発した。音声や信号を通じて高齢者の適切な服薬を促し、服薬の状況を関係者にメール送信することで健康管理、安否確認につなげる。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る