3次元レーザー剥離機実用化【ワークステーション】

2010年10月4日 9:00 AM

8月から稼働している3次元レーザー剥離機

 精密板金加工や遊技機部品の製造を手掛けるワークステーション(太田市西新町、海老沼惠也社長)はこのほど、群馬産業技術センター(前橋市亀里町)と共同で、3次元レーザー剥離(はくり)機を開発した。8月から社内で遊技機部品向けに実用化しているほか、

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る