米国金利

2010年2月18日 1:47 AM

 米の政策金利が08年12月以来、0・00%〜0・25%のまま、1年以上据え置かれている。07年に5・25%だったのが、例のリーマンショックで超金融緩和策に激変。これが現在の円高の大きな要因だ。
 オバマさんの米民主党政権は経済政策に関しては自由貿易主義を主張する米共和党とは一線を画し、国内産業保護主義をとる。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る