収穫量倍「雷キノコ」実用化へ【関東防災工業】

2010年8月16日 12:00 PM

ナメコでの増産効果はすでに確認済み

 消防設備の施工、電気工事などを手掛ける関東防災工業(前橋市青柳町、宮崎精一社長)はこのほど、岩手大学工学部の高木浩一准教授(電気電子工学科)と共同で、人工雷によるキノコの増産研究に乗り出した。同社では、すでに人工雷を利用したナメコ増産装置を開発していたが、

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る