双腕ロボ型バリ取り装置【日本省力機械】

2010年8月2日 9:00 AM

引き合いを増やしているバリ取り装置「SVM-SDA」

 省力機械メーカーの日本省力機械(伊勢崎市福島町、田中章夫社長)はこのほど、産業用ロボットメーカーの安川電機(福岡県北九州市)と共同で、プラスチック加工向けの双腕ロボ型バリ取り装置を開発した。ワークのセットを機械化する一方、装置特有の人間の両腕のような双腕を駆使することで、

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る