広域首都圏防災研究センターを開設【群馬大学大学院工学研究科】

2010年7月28日 9:00 AM

HPで防災の重要性をPR

 群馬大学大学院工学研究科(桐生市天神町)の社会環境デザイン専攻はこのほど、首都圏で想定される直下型地震や広域規模水害に関する研究、防災教育の推進などを行う広域首都圏防災研究センター(センター長・片田敏孝教授)を開設した。「災害時の犠牲者ゼロ」を目標に、有事の際の社会的な対応により、

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る