シルク入りメニューシリーズ【大塚水産】

2010年7月25日 9:00 AM

食事処「蔵」で商品を考案。地域の交流拠点で販売している

 海鮮類販売の大塚水産(富岡市富岡、大塚良仁社長)は地域の新名物にと、シルクを混ぜた商品をシリーズ化している。すしや唐揚げがメーンとなり、同社が営業する食事処「蔵」(住所同、大塚隆店長)で商品を考案。店内メニューとして提供しているほか、

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る