自社開発溶断業向けソフトが好調【システムハウスグローバル】

2010年7月19日 12:00 PM

引き合いを増やす「@Partslink」

 ソフト開発のシステムハウスグローバル(藤岡市上栗須、浅川岩雄社長)は自社開発した溶断業向けの基幹パッケージソフトが好調だ。業務システムの一気通貫を実現した「@Partslink(アットパーツリンク)」と、ミルシートの簡易電子化を可能にした「@Mill(アットミル)」の2本柱を軸に展開する中、

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る