「極みフレーム」を実用化【内山製作所】

2010年7月12日 9:00 AM

「タブアンドスロット」方式を応用した「極みフレーム」

 レーザー・板金加工の内山製作所(館林市近藤町、内山進社長)はこのほど、溶接時に治具を用いなくても組み上げられる新工法「極みフレーム」を実用化した。工作機械メーカー「ヤマザキマザック」(愛知県)が装置を作る際に活用していた「タブアンドスロット」方式を応用。量産加工に向け、

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る