バイオマス炭化システムを開発【ジー・ピー・ワン】

2010年6月14日 9:00 AM

システムの核となる独自開発の炭化装置

 焼却炉や廃蛍光灯のリサイクル施設の運営などを手掛けるジー・ピー・ワン(渋川市上白井、石坂浩一社長)はこのほど、汚泥や食品残さ、家畜糞尿などを再利用するバイオマス炭化システムを開発した。処理物に

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る