老神温泉の旅館を買収【ぎょうざの満州】

2010年5月6日 9:00 AM

片品川沿いに立つ「ぎょうざの満州東明館」

 中華料理店「ぎょうざの満洲」を東京、埼玉で多店舗展開する、ぎょうざの満洲(埼玉県坂戸市、池野谷ひろみ社長)は、老神温泉にある温泉旅館の土地建物を取得し4月22日、「ぎょうざの満洲東明館」(沼田市利根町大楊)を開業した。建物を改装し、温泉棟を増築、泉質の良さや、365日一律で1泊5500円という宿泊料などを前面に打ち出し集客を図る。館内の食堂は「ぎょうざの満洲」として営業しており、

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る