画像検査を効率化【群馬大学】

2020年8月15日 10:00 AM

実用化に向け小型化を図る


 群馬大学大学院理工学府の奥寛雅教授らの研究グループと静岡大学の川人祥二教授らの研究グループは7日、ピントが異なる複数の画像を同時に撮影できる技術を開発したことを発表した。工場などのFA(ファクトリーオートメーション)分野において、画像検査の効率化や部品の三次元計測などを可能とする。
 複数の異なるピントの画像を撮影する場合、・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る