知らない顔

2020年8月13日 9:00 AM

 日本映画が元気だった昭和30年代後半。大映の看板スターだった勝新太郎は、サラリーマンの月給が1万円程だった時、1本の映画出演料が500万円だった。しかし、いくら金があっても足りないような遊び方をした。飲んでいると・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る