3店舗同時リニューアル【いちもん】

2020年8月8日 12:00 PM

マグロをイメージした赤を基調とした外観(伊勢崎本店)


 金沢まいもん寿司(すし)グループでマグロの卸や、回転寿司店を展開する、いちもん(伊勢崎市昭和町、木下孝治社長)はこのほど、運営する回転寿司全3店舗を同時にリニューアルオープンした。店名を「群馬を握る、まぐろ問屋いちもん」に変更。新型コロナウイルスの感染防止を図るためボックス席を増やしたほか、地産地消の新メニュー、グループのメリットを生かし北陸のねたを充実させた。
 同社は78年に創業。19年9月には木村輝明社長の体調面の不安などを理由に、取引先であった「金沢まいもん寿司」などを手掛けるエムアンドケイ(金沢市、木下孝治社長)に事業を譲渡した。同社は石川や東京、大阪、福岡などで約20店舗を展開している。
 今回のリニューアルは、開店から20年が経過し老朽化が進んでいた伊勢崎本店(連取町)に合わせて、前橋店(川原町)、高崎新保店(新保田中町)も同時に改装オープンしたもの。店名は「鮨いちもん」から・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る