再開発事業が本格始動【前橋駅北口】

2020年8月7日 10:00 AM

西側から見た27階建てマンションの完成イメージ


 JR前橋駅北口の27階建ての再開発マンション事業(前橋市表町)が、本格的に動きだした。現在、既存建物の除去・整地工事が進められており、9月からの本体工事、23年度中の完成を目指している。駅北口では複合施設「前橋エキータ」の「アクエル前橋」へのリニューアルも進められている。いずれの大型施設も紆余(うよ)曲折があっただけに周辺住民からは期待の声が寄せられている。
 JR前橋駅北口地区第一種市街地再開発事業は、「前橋市の『顔』としてふさわしいにぎわいや利便性の高い多くの市民や来街者の多様なニーズに対応した施設整備」が目的。
 16年に再開発事業協議会が民間事業施行者を公募。2者から事業提案書の提出があり、協議会が優先交渉権者を分譲マンション大手の大京(東京都)に決めた。だが、18年12月に大京側が「事業化が困難」として基本協定解除を申し入れ、19年2月にファーストコーポレーション(東京都)と東京建物(東京都)が事業を引き継ぐこととなった。
 計画では敷地・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る