足利にスクランブル交差点スタジオ【ヌーヴェル ヴァーグ】

2020年7月17日 9:00 AM

実物に見えるほど再現度の高い交差点や駅入り口


 テレビ、ウェブコマーシャルやエンターテインメントコンテンツなどを手掛けるギークピクチュアズ(東京都)の関連会社、ヌーヴェルヴァーグ(東京都世田谷区)はこのほど、栃木県足利市五十部町の足利競馬場跡地に、スクランブル交差点の撮影用スタジオを開設した。
 足利市が所有する土地を借りる形となる。セットの敷地面積は6585平方メートル、歩道面積2642平方メートル、車道面積3943平方メートルの実物大。
 足利市は市を挙げて映像作品の誘致に力を入れており、これまでに両社と複数の映像作品で協力してきた実績がある。そのため、両社は早い段階から同市を候補地とし、準備を進めていた。
 繁華街のスクランブル交差点を実用サイズで再現しているスタジオは国内では珍しい。同スタジオは・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る