備蓄用スープ商品化【ベジタル】

2020年7月9日 12:00 PM

産官学連携で開発した「ぽかぽかやさいスープ」


 妊婦向けスープ「マタニティスープ」の製造を手掛けるベジタル(前橋市千代田町、宮川修一社長)は、備蓄用栄養補給スープを商品化、子会社のベジタルアドバンス(同所、田口勇夫社長)で6日から販売を始めた。産官学連携で開発した粉末の野菜スープで、賞味期限は5年間。災害時の避難所での支援物資としての利用を見込んでいる。
 ベジタルは15年設立。宮川社長が・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る