保管庫増設で開発速度アップへ【免疫生物研究所】

2020年7月9日 9:00 AM

さまざまな温度で管理できる保管室が並ぶ保管庫内

 研究用試薬の研究開発や製造販売を行う免疫生物研究所(藤岡市中、清藤勉社長)は、このほど本社敷地内に製品保管庫を増設した。総工費は1億円で、室内には六つの保管室が並び、4度からマイナス20度で試薬を管理する。同社では・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る