心のセルフケアをアプリがサポート【根っこ人間】

2020年6月20日 9:00 AM

関根代表とスタッフの三田章子さん


 地域の自立した健康づくりを支援するぐんまHHC代表で、太田市本町にあるさやかクリニックの院長を務める関根沙耶花氏は、心のケアを行うセルフケアアプリ「根っこ診断」の開発に取り組んでおり、7月中のリリースを予定している。
 同アプリはイギリスの医師エドワード・バッチ博士が考案した自然療法であるフラワーレメディーの考え方を軸に、現代人に合ったメンタルケアメソッドとして開発するもの。
 フラワーレメディーは38種の花から今の自分の感情、あるいは性格的に当てはまる花を選び処方するという自然療法。花から抽出した成分を、水などに溶かし飲むことで心のケアを行う。
 同アプリでは、一問一答形式で18項目の簡単な質問に回答することで、使用者の感情構造をチェックし、対応したアドバイスをメッセージとして表示する。利用者はそれにより自身の精神状態を理解し、日々のセルフケアに活用していく。アプリは基本無料で、さらに詳細なアドバイスを受けたい場合は有料となり、関根氏らスタッフが個別に対応する。
 アプリ内で利用する・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る