県内初「曲げ型グレーディングマシン」導入【沼田製材業協同組合】

2010年4月24日 9:00 AM

斉藤林業(沼田市)の工場内に新設したグレーディングマシン

 沼田製材業協同組合(沼田市薄根町、平田征二郎理事長)は、県内初となる「曲げ型グレーディングマシン」を導入し、柱や梁(はり)に使われる木材1本ごとにヤング係数(木のたわみにくさ)を測りデータを保存、強度の等級や含水率、生産者名、邸名などを木材に印字できる設備を整えた。マシンを利用することにより、

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る