「発酵食」ブランドを展開【シースリー・ブレーン】

2020年6月19日 12:00 PM

ランチプレートのイメージ


 店舗支援、販促企画、広告制作などを手掛けるシースリー・ブレーン(前橋市駒形町、柿澤正博社長)は、「発酵食」をテーマとしたブランド「Hacco,s Table(ハッコーズテーブル)」の展開に乗り出す。直営店で培ったノウハウを生かし、店舗開業パッケージを構築。今後出店ビジネスパートナーを募集していく。
 同社は17年に都内に発酵食専門レストラン「ハッコーズテーブル」を開業。感染免疫学の第一人者で東京医科歯科大学の藤田紘一郎名誉教授をアドバイザーに迎え、体質改善のサポートや腸内環境によいとされる食事などを提供してきた。
 こうした中、ウィズコロナの時代では、免疫力を高める発酵食に注目が集まるとの考えから、直営店を5月に閉店、食のコンテンツ開発・EC(電子商取引)サイト運営にシフトした。
 今後は「ハッコーズテーブル」をブランド名として、出店を目指す個人や企業を支援していく。パートナー契約時に、・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る