包括連携協定を締結【前橋工科大・群馬トヨペット】

2020年6月18日 10:00 AM

協定書を持つ宮下理事長(左)と大山社長


 前橋工科大学(前橋市上佐鳥町、宮下雅夫理事長)と群馬トヨペット(同市石倉町、大山駿作社長)は10日、包括連携協定を結んだ。双方の資源を有効活用しながら共同研究や人材育成などに取り組んでいく。同大学の企業との包括連携協定は今回が初めて。
 同協定は群馬トヨペットが「地域と車が共存する未来のために、地域活性化と社会貢献活動の取り組みを充実させていきたい。そのためにも将来を担う若者や専門家の意見が必要」として同大学に打診し、実現したもの。
 協定に盛り込んだ連携・協力事項は「教育・人材育成」「学術研究」「車を通じた社会貢献」「地域の産業振興および地域社会活性化への貢献活動」「その他必要と認める事項」の5項目。
 同大で行われた調印式で宮下理事長は「公立大学にとって地域貢献活動は非常に大切。・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る