子供たちの居場所を開設【こちら学校前食堂】

2020年5月21日 12:00 PM

食堂の文字が特徴的な看板を手にする発起人たち。中央が宮下代表


 「こちら学校前食堂」(高崎市山名町、宮下宏巳代表社員)は、同市南部にある南八幡小学校地区周辺を基盤に事業を手掛け地域活性化に取り組む有志6人でこのほど設立された。
 屋号の通り、場所は高崎市南八幡小学校向かいの20年続いた中華料理店を改装。地域の子供と住民の架け橋となる食堂、駄菓子屋などの交流場所を運営していく。
 コンセプトは「あそこに行くと、誰か居る。〜そんな地域の『居間』になりたい〜」。
 通常は洋食をメインとした食堂兼駄菓子屋を運営。食堂に来店した一般顧客が精算時に200円追加して払うと、子供1人が無料で食事できる「ありがとうチケット」が発行される。
 ありがとうチケットには、200円で購入した人の名前やニックネームを記載し、店内の「食事のなる木」の葉っぱとして飾られ、定期的に開催される子供向け無料食事会に参加した子供たちが・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る