消毒液専用台を開発【大旺工業】

2020年5月23日 10:00 AM

ステンレス製で長期間の使用が可能


 小売店向けの冷凍冷蔵ショーケースや業務用厨房(ちゅうぼう)機器の板金加工などを手掛ける大旺(たいよう)工業(太田市西新町、柳守彦社長)はこのほど、「アルコール消毒液専用台」を開発した。需要が急増する消毒液の盗難防止に役立てるもので5月中の販売開始を目指している。
 同社が開発した消毒液専用台は腐食に強いステンレス製。台座部分には、冷蔵冷凍ショーケースを作る際に使用する独自技術を活用した。一枚のステンレス板で台座部分に丸みを持たせることで、強度を高めることに成功した。
 サイズは縦220ミリ、横240ミリ、高さ760ミリ~915ミリ。重さは約3・5キロ。販売価格は・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る