体温測定とマスク検知をAIが管理【北関東循環器病院】

2020年5月1日 9:00 AM

病院玄関奥に設置された測定システム


 医療法人北関東循環器病院(渋川市北橘町下箱田、市川秀一理事長)は新型コロナウイルス感染防止のため、10日からAI顔認識技術を使った体温測定システムを導入している。
 同システムはソフトバンクの子会社である日本コンピュータービジョン(東京都千代田区)が開発した「顔認証・体温測定ソリューション」のうち、体温測定機能とマスク検知・通知機能を活用したもの。
 赤外線カメラは、対象者と1・5メートル離れた距離でも、0・5秒で、誤差0・3度の精度で体温を測定する。来場者のマスク着用有無や体温異常を検知し、管理者に即時通知を送信することが可能。最適化されたアルゴリズムにより、マスクを着用したままでも正確に測定、検知を行う。
 同院の今回の導入では、体温測定のみを行い、顔認証による来院管理は行わない。また、来院した人の個人情報や画像データは・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る