ぶんぶんトマト糀を発売【糀屋】

2020年4月4日 10:00 AM

新商品をPRする飯嶋社長と櫻井氏


 みそや漬物、米糀(こおじ)などの製造販売を手掛ける糀屋(高崎市問屋町、飯嶋藤平社長)はこのほど、トマトを使った調味料「ぶんぶんトマト糀」を商品化した。3月20日からはクラウドファンディングを実施し、国内外への商品PRを進めていく。
 同社は1566年創業の糀・みそ製造会社。当主は代々「飯嶋藤平」を名乗る襲名制を取っており、現在は22代目。今回の商品開発は同社取締役の櫻井貴浩氏が務めた。
 櫻井氏は「子育てをしながら、毎日の献立を考える妻の手助けができないか」と考え、さまざまなレシピを考案。その中で同社の塩糀とトマトを合わせた新たな調味料にたどり着き、家庭に役立つ新商品の開発がスタートした。
 同社の作る米糀と合わせるのは、富岡市にある加藤農園が生産する「ぶんぶんとまと」。クロマルハナバチによる自然交配で・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る