地元事業者支援の動き

2020年3月26日 9:00 AM

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い甚大な影響が出ている事業者を支援しようという動きが県内でも増えている。クラウドファンディングに寄付が集まり、飲食店と利用客をマッチングするプロジェクト、給食に納入するパン製造業者を救済するプロジェクトなどが動きだしている。国や自治体が資金繰り支援を打ち出す中、地元業者を自分たちで守ろうという市民の善意の輪も大きな力になるかもしれない。

桐生市本町の本店


クラウドファンディング目標金額達成【美喜仁】
 寿司(すし)・日本料理の美喜仁(桐生市本町、坂入勝社長)は、新型コロナウイルスの影響で宴会のキャンセルが相次ぎ、売上高が激減していることから、クラウドファンディングを行っている。「社員とその家族を守りたい!」のタイトルで16日に募集を開始したところ、・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る