テークアウト増加傾向【群馬イートレンド】

2020年3月19日 12:00 PM

アプリで注文し希望時間にできたてを受け取れる


 群馬イートレンド(高崎市下之城町、柴田博光社長)の展開している「宅飯」サービスの売り上げが、新型コロナウイルスの影響で大きく伸びている。
 同サービスは19年6月にスタートしたもので、専用アプリを通じ、県内の人気レストランのテークアウトメニューが注文できるもの。電話をかける必要がなく、クレジットカード決済のため、店舗で現金のやりとりも不要。引き取り時間も指定できる。参加しているのはタイ料理、フレンチ、おでん、中南米料理、やきとりなど幅広いジャンルの50店。
 柴田社長によると「2月に入ってから売り上げが急増した。前月の3倍にはなっている。・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る