薄膜太陽電池向け レーザーエッチング装置が好調【エムアンドシー】

2010年4月15日 9:00 AM

業界最高クラスの精度を実現し、引き合いが相次いでいるレーザーエッチング装置

 各種装置開発のエムアンドシー(太田市東新町、金丸正人社長)と群馬産業技術センター(前橋市亀里町、坂口智之所長)が共同開発した薄膜(アモルファスシリコン)太陽電池用のレーザーエッチング装置が好調だ。従来機種に比べ、X−Yテーブルの

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る