MINI伊勢崎を建て替え【アイ・エム・シー】

2019年12月12日 10:00 AM

ショールームの完成イメージ

 「MINI」正規ディーラーのアイ・エム・シー(伊勢崎市宮子町、田下親男社長)は、MINI専売拠点の「MINI伊勢崎」(同所)を同敷地内で建て替える。メーカーの最新CI(コーポレート・アイデンティティー)を採用したショールームとし拡張するもので、延べ床面積は約1960平方メートル。9月に着工し、20年2月の完成、2月29日の営業開始を目指している。
 同社は97年設立で、現在、MINI伊勢崎とMINI高崎(高崎市小八木町)を営業している。今回建て替えるMINI伊勢崎は、駒形バイパス沿いで、北関東自動車道駒形インターチェンジそばに位置する。
 02年から営業し建物の老朽化が進んでいたことやメーカーの最新CIに準拠するため建て替えを決めた。敷地面積は約5400平方メートル。建物は一部2階建てで、建築面積は約1640平方メートル、高さは約8・6メートル。設計は・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る