赤城山麓でウナギ養殖事業【ジースリー】

2019年11月28日 9:00 AM

伊勢崎市昭和町の養殖試験場


 太陽光発電所の施工・運営、LED照明施工などを手掛けるジースリー(伊勢崎市下植木町、金子史朗社長)は、赤城山麓で、ウナギの養殖事業に乗り出す。前橋市荻窪町の約1万5000平方メートルの敷地を取得し約3000平方メートルの養殖用ハウスを建設、20年5月からの稼働を計画している。設備投資額は約3億円。将来的には年間21万匹の出荷を目指している。品種は「国内での養殖実例がほとんどない」(同社)という北米ウナギ(アンギラロストラータ)を予定。21年をめどに直営の飲食店・直売所もオープンする考えだ。        同社では、・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る