35億円投じ関東第2工場完成【イートアンド】

2019年11月23日 10:00 AM

12月中の本格稼働に向け試運転中の生産ライン


 「大阪王将」などの外食事業や食品販売事業などを手掛けるイートアンド(東京都品川区、仲田浩康社長)が建設を進めていた、関東第二工場(邑楽郡板倉町)が13日に完成した。設備投資額は35億円。AI(人工知能)技術とロボット化を積極的に導入し省人化を進めるほか、主力商品の生産能力強化を図る。
 新工場は・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る