7度目の日事連建築賞【石井設計】

2019年9月12日 10:00 AM

2階へ続く幅広の木造階段


 建築設計監理などを行う石井設計(前橋市本町、石井繁紀社長)が建て替え計画の設計を行った「前橋市立桃井小学校」が、日本建築士事務所協会連合会主催の日事連建築賞で奨励賞を受賞した。
 日事連建築賞は、優れた建築作品を設計した建築士事務所を表彰し、資質の向上に資することを目的に毎年実施しており、今年度で35回目。
 同社の奨励賞受賞は13年の前橋工科大学実験棟設計に次いで6年ぶり4度目で、優秀賞などを含めると通算7度目の受賞となった。
 桃井小学校は、2校の統合に伴う小学校の建て替え計画で、新校舎では小学校の用途だけでなく、地域のためのコミュニティセンター、通級指導教室、消防分団の用途を複合化した校舎棟と、放課後児童クラブが別棟で隣接する計画とした。・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る