IT技術で介護者をサポート【ファントム】

2019年8月30日 9:00 AM

見守りAIカメラ「Casper」


 プログラム開発などを手掛けるファントム(桐生市相生町、石井伸和社長)はこのほど、見守りAI(人工知能)カメラ「Casper(キャスパー)」を開発した。介護施設や高齢者のいる一般家庭を対象とした製品で、カメラ映像から高齢者の行動を予測し、行動の変化を通知するのが特徴。県内の老人ホームで実証実験を行っており、年内の本格導入を目指している。
同カメラのシステムは、夜間などの人手が少なくなる時間帯でも・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る