精肉卸会社が加工販売所を新築【レーベン】

2019年7月27日 12:00 PM

約4倍の大きさになる新工場予定地


 精肉卸を行うレーベン(前橋市上小出町、髙橋義幸代表)は北群馬郡吉岡町大久保に新工場の建設を進めている。現在の加工販売所を移転し、敷地面積は現在の約4倍になる予定。
 同社は75年の創業で、ラーメン店や居酒屋などの飲食店、老人施設や学校、病院などの施設を中心に精肉の販売を行っている。
 新工場は平屋建て、敷地面積約2500平方メートルで建物面積約550平方メートル。現在の工場兼事務所は住宅地にありトラックの出入りが困難なことや、工場の老朽化が進み衛生面の確保が難しくなってきたことなどから今回の移転を決めた。
 新工場では新たに・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る