無駄を排除し生産性向上【群馬合金】

2019年7月27日 9:00 AM

作業するフィリピンの技能実習生


 非鉄金属ダイカスト製造業を手掛ける群馬合金(伊勢崎市境東新井、六本木純一社長)はこのほど、「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定された。高齢でも活躍し続けられる会社づくりや、業務見直しによる無駄の徹底排除など、生産性向上に向けた取り組みが評価された。
 同社は1947年の設立。ダイカストのパイオニアとして自動車部品を中心に国内外で事業展開している。
 激変する市場環境に素早く対応するためグローバル企業を目指し、95年にはフィリピンにダイカストから切削加工まで一貫生産を手掛ける工場を開設した。10年には「技術立社」を目指しテクニカルセンターを設立。11年には・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る