EVトラックユニットの生産ライン構築【澤藤電機】

2019年7月27日 10:00 AM

澤藤電気工場内のEVトラック生産ライン


 トラック・バス用電装品やポータブル発電機などを開発・製造・販売する澤藤電機(太田市新田早川町、吉川昭彦社長)は、ハイブリッドトラック用の主要ユニットであるモーター、バッテリーパック、制御用ECUの生産ラインを構築。生産性と品質の向上に取り組んでいる。
 ハイブリッドトラックは二酸化炭素削減に向け、今後需要が伸びる分野であり、同社では主力製品とするべく組み立て設備を新規導入し、新田工場内に専用の小型ハイブリッドトラック用モーター(小型HVモーター)、大型ハイブリッドトラック用モーター(大型HVモーター)、バッテリーパックの生産ラインを設置し、電動車用の次世代ユニット生産ラインとして稼働を始めた。
 同社は・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る