少子高齢化クイズ

2019年7月11日 9:00 AM


 Aという占い師は5割の確立で当たるという。それに対し、Bという占い師は2割の確率でしか当たらないという。ある人と結婚すべきかどうかを知りたいとしたら、どちらの占い師に見てもらったら良いかというクイズがある。答はBの占い師だ。どうして?と思う人も多いかも知れないが、2割しか当たらないということは、8割という高い確率で外れている。つまり、・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る