食品リサイクルシステムを構築【フレッセイ】

2010年4月3日 9:00 AM

食品残さを肥料化する奈良農場の施設

 スーパーマーケット(SM)チェーンのフレッセイ(前橋市力丸町、植木威行社長)は、店舗から排出される食品残さをリサイクルするシステムを構築した。有機肥料の製造・販売を手掛ける奈良農場(前橋市富士見町赤城山、奈良輝久社長)と連携し堆肥化処理を行い、リサイクル肥料として契約農家が野菜を栽培、育った野菜をフレッセイ店舗で販売するもの。前橋市内の11店舗で実験的にスタートし、

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る