「ヴィーガン」でインバウンド拡大へ【ジェトロ群馬】

2019年6月6日 10:10 AM

3月に行った試食会の様子


 日本貿易振興機構(ジェトロ)群馬貿易情報センター(高崎市八島町、柴原友範所長)は、動物由来の食品を食べない「ヴィーガン」をターゲットとした事業を19年度から本格的に始める。20年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、食の多様性(フードダイバーシティー)に対応できる県としてブランディングすることで、インバウンド(訪日外国人客)の受け入れ拡大、県産食材の輸出などにつなげていく。
 ジェトロ群馬では、・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る