iGEM群馬大学が合成生物の国際大会に参加【群馬大学】

2019年5月25日 10:00 AM

金賞獲得を目指し研究を進めるメンバー


 群馬大学の理工学部と医学部の学生、計12人で構成するⅰGEM(アイジェム)群馬大学は、10月31日~11月4日に米国・ボストンのマサチューセッツ工科大学で開催される、合成生物学の国際大会「ⅰGEM」に参加する。「呪い」というユニークなテーマで、初出場で金賞獲得を目指す。
 ⅰGEMとは、マサチューセッツ工科大学が主催する合成生物学の国際大会で、05年から始まり18年大会には、約300チーム、3000人以上の学生が世界中から参加した。
 同大会では大会本部が支給するさまざまな遺伝子パーツや自分たちで集めた遺伝子を組み合わせ、新たな機能を大腸菌などの生物に持たせ、そのアイデアの独創性や新規性、社会的意義、研究完成度などを競う。
 ⅰGEM群馬大学は、第一世代の大腸菌に・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る