常温下での合成樹脂微粉砕に成功

2019年4月6日 10:00 AM

合成樹脂微粉砕装置


 粉体加工機器の製造販売や粉体加工、合成樹脂加工を手掛けるIsaac(桐生市梅田町、大川功社長)は、「常温下での合成樹脂微粉砕装置」の開発を進め、年内の製品化を目指している。
 同社が微粉砕に取り組む合成樹脂は、樹脂自体にクッション性があることや、軟化点が低く粉砕時に生じる熱で溶けてしまうことなどから、粉砕が難しい素材とされている。
 そのため粉砕時には・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る