攻めと守り

2019年4月4日 9:00 AM


 平成の終わりを告げるようなメジャーリーグ、マリナーズのイチロー選手の引退。伝説的なプレーヤーから会見で発せられた「おにぎり」という言葉に、驚くと同時に親近感を抱いた。
 イチロー選手はホームゲームの試合前、弓子夫人が握った、おにぎりを食べていたそうで、その数は2800個に上るという。広いロッカールームの中で、毎日おにぎりを食べている姿を想像したら、微笑ましく感じた。
 おにぎりは、平安時代から食べ続けられているとされる日本のソウルフード。野球をする子供たちのお昼の定番でもある。海を渡り、年俸10億円を超えていたイチロー選手も、子供たちと変わらず、毎日おにぎりを食べ続けていたのだ。・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る