高崎354複合産業団地の進出募集【高崎工業団地造成組合】

2019年1月19日 10:00 AM

高崎市総合卸売市場近くの予定地


 高崎工業団地造成組合(管理者・富岡賢治高崎市長)は15日、高崎市総合卸売市場近くの国道354バイパス(東毛広域幹線道路)沿いで計画している「高崎354複合産業団地」の企業エントリー募集を始めた。分譲面積は25・3ヘクタールで、製造業のほか、物流・流通業なども対象に募集。21年度の分譲開始を目指している。
 計画地は高崎市柴崎町、下大類町、栗崎町の一部で、関越道高崎玉村スマートインターチェンジから約2キロ。造成面積は28・2ヘクタール。
 用途地域は工業地域。地区計画で建物の用途、高さ、壁面の位置などの制限がある。販売価格は・・・続きはこちらから

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る