モデルのシェアサービスをスタート【創美社】

2019年1月10日 9:00 AM

シェアモデルの撮影風景。3社で費用を分担する

 総合広告代理業務や販売促進事業、各種撮影事業などを手掛ける創美社(前橋市古市町、城田悦也社長)はこのほど、アパレルの通信販売を行う中小企業向けに「シェアモデル撮影サービス」を始めた。同日に複数社のモデル撮影を行い費用を分担するもの。モデルについても都内などから呼ぶのではなく、専門家の指導を受けた地元のアマチュアを起用することでコストを抑える。物・サービス・時間を共有・交換して利用する「シェアリングエコノミー」(共有型経済)が市場を拡大する中、同社の取り組みにも注目が集まりそうだ。  ・・・続きはこちら

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る