再評価

2018年12月13日 9:00 AM

 世の中には発表当時はあまり注目や評価のされなかったものでも、その後、口コミなどで評価が高まり、時を重ねるごとにその価値を上げて最終的には大傑作と認められるようになった作品がある。
 例えばスタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」は当時話題にはなったものの、難解ということもあり、68年のキネマ旬報の年間順位では第5位だった。・・・続きはこちら

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る